酔った船乗りに理解されないこと
生きていく上で、「竹馬の友」の意味合いって、なんだろう。無関心と言える?「青年」は、君にとって何なんだろう。
ホームボタン

じめじめした休日の明け方にお酒を

仕事で、日光市へ向かうことが頻繁だった
北関東地方にある日光市は栃木県にあって、海なし県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、冬が来ると雪が降り、除雪車やチェーンなど必須である。
秋が来ると、東北道で、2泊3日で行って、帰ってきてからまた2泊3日という生活スタイルが非常に多く、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、見どころはやはり東照宮。
東京の基盤を作った徳川家康の眠っている所で、中の様子に驚くだろう。
もう一つ、山奥にある日光湯元。
硫黄泉らしく、白く、熱い温泉。
この温泉につかると、冷え症が完治するのではないかと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元を目指してたくさんの湯治客が集まったそうだ。
その様子が想像可能な古い歴史を持つ栃木県の日光。
東照宮の紹介も一緒にガイドブックにも多く載っているここへ、行こうと思う。

のめり込んで歌う子供と冷たい雨
ベローチェでもミスドでもどこに入ってもコーヒーを飲める。
もちろん、オフィスでインスタントでもいいし、いろんな場所で

私が気に入っているのがスタバだ。
全席禁煙と言うのが、喫煙の苦手な私にはポイントだ。
そのことから、コーヒーの匂いを楽しめる。
値段も安くはないが、立派な豆が使われているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーと、ついついデザートなど注文してしまうという落とし穴もある。

天気の良い日曜の早朝は昔を思い出す

布団に入ってそれでも、寝付けないとなると、新作映画をゆっくり見るのが楽しみ。
昨夜選んだDVDは、「エスター」というタイトルの米国の映画だ。
主役の、エスターは、頭が良いけれど一風不思議な9歳の少女。
エンドには予想もつかない結果が隠されている。
それは見る真ん中で、結末が分かる人がいるだろうか疑問なくらい予測不可能な事実。
それは、ドキドキとするわけでもなく、とにかくゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、目が冴えている私の夜の時を満足させてくれる。
しかし、絶対ビールとそろっているので、体重が増えてしまうのが恐ろしい。

自信を持って話す姉ちゃんと冷めた夕飯
お盆が間近になって、「とうろう」などの催しが近辺で実行されている。
付近のイベント会場では、竹やペットボトルで作り上げられたとうろうが据えられていた。
近辺のイベント会場では、晩に電気の照明は付けられてなくてなくて、ろうそくの照明だけというのは、めちゃめちゃ心地よかった。
竹やすだれに囲まれてキャンドルがついていて、マイルドな灯りになっていた。
癒される光源が近くの木々を照射していて大変きれいだった。

ゆったりと口笛を吹く子供と草原

少年はとてもひもじかった。
来週から夏休みという頃、小学校から早足で下校しているときだった。
セミはもう騒々しく鳴いていて、日差しは強く、夕方なのにいまだ陽は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日は大変お腹が減っていたから、とっとと帰宅して何かを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨夜のカレーの残り。
昨日のカレーは、まだ鍋にいくらか残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、余りが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家を目指した。
すると、汗がもっと流れ出した。

月が見える日曜の日没にカクテルを
まだ行ったこともないウォッカの国、ロシアに、必ずいつか行ってみたいと思っている。
学校での英語学習に無謀さを感じた時、ロシア語の基礎をかじってみようかと思ったことがある。
だけど、書店で読んだロシア語の会話中心のテキストを見て一時間ほどでやる気をなくした。
verbの活用の種類が生半可ではないほど例外だらけだったのと、私ができない巻き舌だ。
観光客としてズブロッカとビーフストロガノフを堪能しに行こうと思う。

涼しい日曜の夕暮れは外へ

まだまだ社会に出てすぐの頃、無知なこともあって、大変なトラブルをもたらしてしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんたちに、挽回の方法も浮かんでくることがなく、落ち込んでしまった。
お客さんが、エクセルシオールのラテを差し入れと言ってくれた。
ミスで2つも注文しちゃったんだよね、と言って違う種類の飲み物を手に2つ。
高身長で、痩せててとてもさわやかな顔つきをした良い人。
嬉しかったな、と思う。

涼しい週末の日没に歩いてみる
何年か前の夏、冷房の効いた部屋の中で冷えた飲み物ばかり飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが大事だと考えたから。
冷房の効いた室内で、カーディガンもなし、さらにアイスティーにハーゲンダッツなどなど。
なので、快適に過ごせたと実感していた猛暑対策。
しかし、次の冬、いつもよりさらに震えを感じることが増加した。
部屋の外に出る仕事が多かったこともあるが、寒くてコンビニへすら出れないという状態。
なので、きっと、猛暑の中の過ごし方はその年の冬の冷え対策にもつながると考えられる。
多く栄養を摂取し、バランスの良い生活をすることが一番だと思う。

陽の見えない土曜の夜明けにお酒を

オフィスで着用するスーツスカートを購入しに行った。
コムサでモードなどフォーマルなショップも憧れるけれどギャル系のお店も良いと思う。
若々しくてはつらつとした女性向けのショッピングビルでラインが強調される服が多いのが特徴。
価格は店によって違いが表れるが、全体的に安価。
そして、購入する物を選んでいたが、小さめの物が多く売られていた。
着てみると、ちょっとはお洒落に見えるような気がする。
なかなか素敵な買い物が達成できて、めちゃくちゃ満足感があった。

雨が上がった休日の明け方に目を閉じて
油絵や写真といった芸術が好きだし、デッサンも自信があるのに、ものすごく写真が下手だ。
でも、かつては一丁前に、オリンパスの一眼を重宝していた時もあり、絶対に持ち歩いたりした。
笑えるほどピントが合ってなかったり、ユニークな配置なので、レフがガッカリしているようだった。
けれど、写真や画像処理はやっぱり凄く最高に楽しいと思う!

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 酔った船乗りに理解されないこと All Rights Reserved.