酔った船乗りに理解されないこと
ちょっと「師匠」のことを考えてみないかい?さほど敬遠するような問題ではない気がするんだ、「焼きそば」に関してはね。
ホームボタン

汗をたらして走る子供とあられ雲

やり始めたら、満足させるまで時間を要するものが、世間にはたくさんある。
やはり、外国語の習得だ。
しかし、隣国で使用される韓国語は、まれに、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、尚且つ発音も似ているので、習得がわりと容易だそうだ。
3年くらい韓国語を学んだ友人の明日香は、英語よりはわりと身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
そうと聞いたらドキドキしたけれど独特な文字は絵にしか思えない。

一生懸命口笛を吹く子供と枯れた森
最近、小説を読まなくなった。
30前の頃は、ほぼ毎日読んでいたけれど、このごろ、仕事があるし、時間をつくりにくい。
時間があっても、ゆったりとした気持ちで小説を読むという気持ちになかなかなれないので、見ていたとしても楽しく感じにくい。
しかし、ものすごくはまってしまう小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きだから、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の輝いている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけど、純文学だからと無理に難しい単語を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いから残念だ。

どしゃ降りの月曜の晩はカクテルを

一人旅でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、特に女性はコスメや服など興味を持っている方も多いと思う。
この国では見かけへのこだわり、つまり自分磨きへの情熱は素晴らしいといわれる。
転職や、パートナー選びの際に、日本よりも露骨に判断されるシチュエーションが多い。
よって、韓国の美容商品は、美容成分が日本製より多く含まれているらしい。
という事から、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してしまう。

控え目に踊る兄弟と冷めた夕飯
営業に出かけると、三日くらい泊まり込みのこともある。
その最中は、充実感はありだけれど、すごく緊張しているので、毎日2時間睡眠。
起床予定時間のずいぶん前だと言うのに、眠いのに目が覚めてしまう。
しかし、帰って来た時のやりきった感は幸せだ。
真剣に遊びまわるし、寝るし、しっかり食べる。

雪の降る金曜の朝に椅子に座る

一人の人間のおおよそが水分だという研究もあるので、水は一つの体のベースです。
水の摂取を充分に行い、皆が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。
輝く光の中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、いつもそこまで外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、やはり気にしてしまう所ですね。
やはり、誰もが気を使っているのが水分補給に関してです。
ましてや、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの夏の時期はちょっと例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗をかいて、知らず知らずの間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分の体調も影響してきます。
ともすると、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分摂取は、次の瞬間の体に表れるといっても過言にはならないかもしれません。
短時間だけ外出する時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があるととても便利です。
一人の人間のおおよそが水分だという研究もあるので、水は一つの体のベースです。
水の摂取を充分に行い、皆が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。

よく晴れた祝日の日没にシャワーを
友人の知佳子の恋人であるSさんが経営する食品会社で、定期的に紀州産の梅を使用した梅干しを購入している。
アルコールが入ると電話をくれるSさんの後輩のEくんという若者は、言ってることが分からな過ぎて会話がかみ合わない。
酔ってないときの彼は、わりと照れ屋らしくあまりたくさん話さない。
そんな感じで、私はEくんと話したと言えるくらい話をしたことがない。

風の無い木曜の夜に友人と

実際に行きたくて仕方がなかった地、と言うのは静岡県の真鶴だ。
ここを知ったのは真鶴という題名の川上弘美さんの本。
いろんな解釈があり、私の子どもな頭では、まだまだ深い感動はできていないと思う。
代わりに、表される真鶴岬の雰囲気が好きで、まだ見ぬ真鶴に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県との中間にある真鶴半島。
その突端が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海から見えているのは三ツ岩という石が3つ。
真ん中の岩の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いて向かえる。
願いが叶い、実際の様子を見に行くことができた。
私のカメラの中には、この景色がたくさん。
ホテルの経営者さんにまた来たいと言うと、喜んでくれた。

無我夢中で踊る母さんと暑い日差し
time is moneyは、凄い言葉で、ダラダラしていると、実際にすぐに時間が無くなってしまう。
もーっと、早く仕事も提出物も終われば、その他の仕事に必要な時間を回せば効率がいいのに。
例えば、長風呂したり、料理をしたり、英会話テキストを手に取ったり。
ということで、最近はテキパキ終わらせようと心がけているが、どれだけ頑張れるのか。

雨が上がった水曜の早朝にお菓子作り

チカコが、マンションのベランダにて、トマトを育てている。
実ったらトマトスープを作るらしい。
実は、しょっちゅう水分をあげないし、近くでタバコを吸うので、ミニトマトの環境は少しも良くはない。
丸一日水も肥料もあげてないと言う時期の、トマトの姿は、葉っぱが垂れ下がっていて、どことなくガッカリしている様子に激似だ。
申し訳ない気分になったので、水分を多くあげると、次の早朝には陽気に復活していた。

じめじめした日曜の夕方にゆっくりと
離れた生家で暮らす妻の母も孫娘として、とても大量に手作りのものを縫って送ってくれている。
ミッフィーがものすごく好きだと言ったら、言った生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、生地の以外とめっちゃ高額で驚いていた。
縫物用の布は横、縦、キャラクターものだと上、下も向きがあり面倒だそうだ。
けれども、たくさん、作ってくれて、届けてくれた。
小さな孫はとてもかわいいのだろう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 酔った船乗りに理解されないこと All Rights Reserved.